お店

Yチェアをアクタスで買いました

巣ごもりパパ
先日Yチェアを購入した私のレビューです

Yチェア

カールハンセン&サンの椅子。

1950年にハンス・J・ウェグナーによりデザインされた。

海外ではWishbone Chairと呼ばれていて、正式名称はCH24。

Yチェアは、ものすごく有名な椅子ですので詳細な説明は省きました。

買うつもりはなかったYチェア

もともとYチェアを購入するつもりはありませんでした。

リモートワークと趣味のゲームで使える椅子を2万円ぐらいで購入できないかと探していましたが、自分の好みの椅子が見つかりませんでした。

息子がアーロンチェアを買いましたが、あんなに高い椅子は必要ないし、私の価値観では椅子に10万円も出すなんてありえないことでした。

 

実際に家具屋さんに出向き、2万円前後の椅子を試してみましたが、率直な感想としては「高い椅子を買う必要ないかな。」とその時は思いました。

家具屋で実際に色々座ってみると座り心地が納得できない

どれも座りごこちが悪いわけではないのですが、私の巨体を支えるにはなんとなく頼りない感じがして、すぐに壊れそうという印象でした。

巣ごもりSon
お父さんがやせたらいいねん!

と言われてしまいました。

何かいい椅子が無いかなとYoutubeを見ていたところ、何気なく大塚家具さんの動画があったので見てみました。

たまたまYチェアの説明をしており、その名品の存在をそのとき知りました。

そこから俄然Yチェアに興味を持ち、歴史、デザインなど深く調べていくうちに

巣ごもりパパ
・・・欲しい

と思ってしまいました。

 

でもYチェアは価格が高めの椅子で、安いもので8万円以上します。

ボーナスが幸い出た所なので思い切って決断しました。

結局予算は10万円になりました。

高い家具は実際に見て確かめたい

買う気満々でしたが、高い値段の椅子だけに座らず通販するのはさすがに怖いです。

有名な椅子とはいえダイニングチェアです。仕事で使うと腰が痛くなるかもしれません。

巣ごもりSon
お父さんそんなにお金出すなら普通にワーキングチェア買った方がいいで、なんでダイニングチェアなん

という冷たいお言葉。

とはいえ実際にモノを見てみないことには何もわかりませんので、アクタスへ見に行くことにしました。

アクタスへ行ってみると

ちょうどアクタスではセール開催中でした。

アクタスの店内

木を塗装しているタイプもあり、お店には黒を置いていました。

私はYチェアのSOAPというタイプを希望。

YチェアとRENの価格

実際に足を運んでみた感想は・・・・。

巣ごもりパパ
何これ、メチャクチャ綺麗やん!

デザインに一目ぼれしました。

actus内のyチェア

一切角ばった部分は無く、流線形のデザインはとても美しいです。

木の肌ざわりも最高。

さらに軽い!

持った時はあまりの軽さに驚きました。

ペーパーコードという紙で作られた座面も美しい・・・。

この段階でほぼ購入を決めていました。

Yチェアには薄いクッションも別売りであります。

Yチェアの別売りクッション

素材は牛革で色は三色。

yチェアの別売りクッションの色サンプル

私の机とその周辺機器は全て黒で統一しているので、迷わず黒を選びました。

「クッションはいらないかなあ、高いしなあ。」と思ったのですが、妻から長時間座るならあった方がいいんじゃない?と言われて買うことにしました。

 

店員さんが「座面は2万円ほどで張り替えができます。」と教えてくれました。

手入れをすれば長く使えそうです。

Yチェアに座ってみる

最後に肝心の座り心地は。。。

正直に言ってメチャクチャ座りやすいというわけではなかったです。

くつろぐ姿勢で座るには最高の椅子だと思いましたが、仕事で前向きな姿勢で座るには少し不安だなという感想でした。

背もたれがくつろぐ前提で作られているので、少し後ろに傾斜しており、長時間前傾姿勢を保つには少し疲れそうかなと思いました。

ただ、座面が広めなのと、サイドが何もない空間になっているので、体をひねったり横を向いたり自由な姿勢がとれそうだったので、意外と疲れないかもしれません。

ひじ掛けも絶妙な位置にあり、肘を置いてゲームコントローラーを持っている姿を想像してしまいました。

椅子の足は細いのですが、私を包み込むようにしっかり受け止めてくれて、かなり安心感があります。

購入時にアクタスポイントカードを作り、Yチェア購入時のポイントをつけてもらいました。

アクタスポイントカードの入会説明書

YチェアとYチェアのクッションを10%値引きで買えました。

アクタスポイントは今回3%ついていました。

アクタスで初めての家具購入でしたが、お二人の店員さんに丁寧に対応していただいて、ショッピングモールキャンペーンのアプリで少しお得になることも教えてもらい気持ちよく購入することができました。

Yチェアを納得して購入

いろいろ思うところはありましたが、私が今使っている椅子よりは数倍座りやすいのでOKです。

仕事で使うという観点で息子のアーロンチェアと比べると確かに劣ります。

巣ごもりSon
ワーキングチェアが絶対いいって

と息子に何度も説得されました。

アーロンチェアのリマスタードを大塚家具で購入

(アーロンチェア)

しかし、専門家の意見を読みました。

「椅子を座り心地だけで判断するのは間違っている。」と。

そうです、見た目やその椅子に持つ愛着も大事だと個人的には思います。

ワーキングチェアを選ばなかった理由

それにゴツいワーキングチェアを選ばないのには理由があります。

私は自分の部屋はあるのですが、仕事やゲームはリビングでしています。

なぜかというと、私が部屋にこもってしまうと妻がリビングで独りぼっちになってしまうからです。

もし息子が大学に合格すると、息子も来年から家を出て行ってしまうので、私が部屋にこもると妻はますます一人になってしまいます。

 

なので、リビングに置いても調和のとれる違和感のない椅子にしたかったのです。

いずれコロナも収まり、在宅から通常出社になったときに椅子を使う頻度は減るでしょう。

その時に、存在感のある大きなワーキングチェアより部屋になじむYチェアの方がいいと結論を出しました。

もろもろ考え購入を決定。

手元に届くのは1月後ということで、楽しみにしていました。

店で椅子に座って確かめるときの盲点があった

Yチェア

座面の高さが43cm、45cmの2種類がある

楽しみすぎて購入後もいろいろ調べてるうちに、Yチェアには座面の高さが違う商品があることに気がつきました。

巣ごもりパパ
知らなかった・・・

 

自分が購入したものを見てみると45㎝でした。

調べてみると日本人には45㎝はかなり高めだということが分かりました。

でも試しに座った時は、そんなに高く感じませんでした。

背が低い妻も何も高いとは言ってませんでした。

店で靴をはいたまま座って確かめていたので実際の感覚がつかめなかった

でもよーく考えてみると、靴を履いて試していました!妻も厚底の靴を履いていたので違和感なかったのでしょう。

そういう事か!とあわてました。

実際に家の椅子に座面が45㎝になるように本を積んで座ってみたところ、なるほど確かに高い・・。

Yチェアは一生使える椅子です。これはこれから先、絶対後悔すると思いお店に連絡。

快く応じていただき、43㎝の座面に変更してもらいました。

43cmのYチェアは注文してから製作になる

今は45㎝が一般的で、43㎝はデンマークの工場に注文して作ってもらうことになるそうです。

そのため追加料金で1万円かかりましたが仕方ないです。

我が家に届くのは半年後の2022年1月になりました。でも、その先数十年に渡って使うのですから半年ぐらいは余裕で待てます。

実際に購入される方は、お店で靴を脱いで座られることをお勧めします。

巣ごもりパパ
本当に全ての完成度が高い椅子ですよ〜

 

将来息子の進学が落ち着いたら、部屋を片付けてYチェアとテーブルをカールハンセンで統一したいねと妻と話しながら店を後にしました。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦です。(ASD・ADHD有り) 公立中学から進学した息子の幼い頃〜高校生の現在と大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-お店
-, ,