乳がんブログ

乳がんとパンについて周囲の人の食生活を聞いて思うこと

朝食にパンを食べている女性に乳がんが多いとネット検索して知ったことがあります

「朝食にパンを食べている女性に乳がんが多い」という話をネットで調べて知ったことがあります。私の周囲の人の例を書いてみました。

84歳の義母は昔からずっと朝はパンを食べているが体は健康

義母は現在84歳で体型はふくよかですが、昔からずっと朝食はパンでかなり分厚く切って食べるのが好きな人です。

朝食は自家製食パン4枚切りを一つ、牛乳をコップ半杯、りんご4分の1(ないときもある)、キャベツの千切りにアホエンオイル(ニンニクのオイル)と酢をかけて小皿に盛ったものを毎日食べています。

3人の子供(男の子)が大きくなるまではベーカリーショップの2斤分の食パンを週3本朝食に出していたそうで、子供達が巣立ってからはホームベーカリーで作った手作りパンを食べています。
小麦粉もアメリカ産イーグル粉をまとめ買いし、業務用マーガリン、ドライイースト、脱脂粉乳を使って作っています。

パンはトーストして業務用マーガリンをそのまま塗って食べています。
牛乳もたくさん飲むのではなく、1日100cc程度です(牛乳瓶で購入していて一回分が瓶の約半量)。

そんな義母を見ていると「パンそのものよりも、それ以外によって影響を受けるのかな?」とも思います。
義母は夜9時に就寝、朝5時に起床し、掃除、洗濯を一通り済ませ、昼の食事を作って夕方から買い物に行き、夕飯の後はお風呂に入るという生活をずっと続けていますが、生活習慣は規則正しい人です。ちなみにお酒は飲めない人です。

姉も体型は私と違って長年ふっくらしています。市販の食パンや袋入りパンを日頃食べていますが健康です。

パートで同じ職場にいた55歳の方もちょっとふくよかで「昔からずっとパン(ベーカリーショップ)とミルクコーヒー。朝はパンがいいねん」と話していました。

ミルクコーヒーに入れる牛乳は少しで朝食の時だけしか飲まないと話していました。お昼休みに弁当を一緒に食べていたのですが、毎日食後にクッキーやチョコレートなどのお菓子を一定の量食べていました。一度も病気をしたことがない方ですが、歯科に定期的に通い、歯石除去など念入りにみてもらって歯だけは気をつけていると言っていました。

近所のスーパーに買い物に来る常連客で年配の方のカゴの中を見ても市販の食パンを食べている方は少なくないです。
自分の身近な人の食事内容を聞いていると食品とかいうよりも、遺伝やストレス、睡眠不足でホルモンが乱れてしまう影響のほうが大きいのかなと私は思っています。

※ストレスと乳がんとの関係は現段階ではないと書かれている専門サイトもありますので個人的な考えとして参考程度にお読みください。

白いご飯が大好きでパン嫌い、運動大好きな母の妹は2度のがんを経験している

乳がんではありませんが2度がんを経験している母の妹の例をこちらに載せています。

「白いご飯じゃないと力が出ないって言ってご飯を二杯、三杯とおかわりする妹よ」と母は話していました。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦(発達障害ASD・ADHD有り)です。 公立中学から灘高校へ進学した息子の幼い頃〜現在、そして大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-乳がんブログ
-, ,