学習

私立幼稚園に入園、補助金を使ってそれほど費用に負担がかからなくて子供に幅広い体験をさせることができた

私立幼稚園の未就園児の体験保育がきっかけ

兵庫県内の私立幼稚園に通わせていました。

3歳時に入園する3年保育で仏教精神に基づいて教育されている幼稚園です。

通わせる前に未就園児の体験保育をこの幼稚園が実施していたので、体験保育を利用してみました。

対象は2歳から何時間か預かってもらい保育してもらったのですが、最初は「いや〜っ!」と嫌がっていたのですが、先生と顔見知りになると自分から進んで幼稚園に入っていくようになりました。

慣らし保育のような感じで利用し、そのままその幼稚園に3歳(冬生まれなので正確には2歳)から入園させました。

入園前に親子面接がありましたが選出などはなく、希望者は全員入れる園でした。

私立幼稚園に3歳から入園する

私は最初、子供の知育とかそういう事より「自分が楽になりたい」という自分本位な気持ちで、しかも私立幼稚園は3年なので迷わず選んでいました。

近所の公立幼稚園は2年保育からしかありませんでした。

育った息子を小さい頃から見てきて、この私立幼稚園の時を振り返ってよかったことを思い出してまとめてみました。

私立幼稚園のメリット

  • 補助金を使って教育費用を軽減
  • 3年保育がある
  • 幼い子供に幅広い体験をさせることができる
  • 小学校受験組の子供と一緒に通わせることで自然と学習への興味を持たせられる

私立幼稚園にも色々なタイプがあって、自由にさせる園とある程度規律を覚えさせて、学習から運動、体験をさせてくれる園とありますが、我が家が行かせた幼稚園は後者でした。

幼稚園就園奨励費補助制度という補助金支援は所得制限もありますが、当時の我が家は補助金を受けられる年収帯の家庭だったのでそれほど負担なく私立幼稚園に子供を通わせられることができました。

たまたま入った私立幼稚園の教育内容がとても幅広くて、息子の知的好奇心を高めてくれた

PTAがなく、親に全く負担がかからない幼稚園でした。

「育児が楽になりたい」、そんな気持ちで入れた幼稚園でしたが実際に通わせてみて、息子の言動や振る舞い、知的な事への興味の増加、その後の成長の仕方を見ているとこの私立幼稚園でよかったと思います。

幼稚園時代は礼儀作法を習っていたため、話し方がとても丁寧で所作はのんびりはしていましたがそれに加えて、集団生活を経験して常に周りを見て自分の立場を意識する冷静な感覚を身につけていきました。

私や夫は公立幼稚園卒で私立幼稚園へ入園するのは息子が初めてでした。

巣ごもりパパ

私立に入れると言葉づかいや振る舞いが丁寧になるんだね。自分の小さい頃とは育ち方が全く違うなぁ

帽子をかぶり、素敵な制服姿と園のバッグを持った小さな息子を見つめてしみじみと言っていたのを覚えています。

家に上がる時は靴を玄関で揃えたりと、今では絶対にしないことを当時息子はサッとしていました。

生活習慣をきちんと習っていた息子なのですが・・・・。

でも幼い時の教育って環境からとても影響を受けるんだなと感じました。

現在なぜ全くしないのか不思議です。親が気をつけないせいもありますね

巣ごもりママ

保育期間が3年で様々な事を教わりました。

この幼稚園は預かり保育もしていました。

私立幼稚園の教育内容

  1. 仏教系 昼食時にお祈りの言葉
  2. 日本文化に触れる 習字、座禅、お茶
  3. 豊富な授業内容 英語、運動やダンス、音楽、PC等
  4. 知育教育 お受験向けに知育玩具やひらがな等文字の習得
  5. クラブ保育 サッカー、木工、書道、手芸のうち好きなクラブに入って活動(バレエ教室もあった)
  6. 宿泊体験や遠足 自然と触れあう内容。年長になると遠方の野外活動センターへ行き宿泊体験
  7. 演技や演奏の実技 文化会館等でお遊戯会を開き音楽の演奏や演技で出演

年長になると、国立大学附属小学校や私立小学校を受験されるお子さんは別で礼儀作法のお受験教育を受けていたようです。
お受験教育でも知育の範囲は息子も習っていました。
たまたま家庭でもくもんや学研のドリルでひらがなや漢字の練習をしたり、タングラムやくもんのおもちゃ、ピグマリオンの知育玩具で知育をさせていたので、息子には新鮮味がなかったようで「幼稚園で同じ事してるよ」と言っていました。

こちらもどうぞ

幼い頃の体験はその後の人生にも影響を与えているかもしれない

小学校に上がるまでに、さまざまなことを教わったことは本当に良かったなと息子の成長した姿をみると実感します。

この時習った体験は今の自分に少しは影響してるかもしれないね

巣ごもりSon

園で知育玩具のブロックで問題シートを解いて楽しかったことを思い出して息子は話していました。

息子が学問のほうへと自然と興味が増していったのは、幼い頃の知育玩具の他に幼稚園で色々なことを学んだり、友達が小学校を受験していく光景をそばで体感したことも影響があると思っています。

幼い頃に人前に出て自分を表現することの大切さを東大受験を経験して実感していた

お遊戯会も当時は嫌だったと話していましたがその後東大受験を経験し、「なぜピアノの発表会や楽器の演奏会を小さい子供にさせるのかわかったよ。人が大勢いる場所でも動じずに自分のことを発揮できる精神力を身に付けさせる意味もあると思う。大勢の人がいる試験会場で動揺しない精神力が欲しかった。ピアノとかで自分のことを人前で表現する機会がたくさんあれば良かった」とお遊戯会や発表会を体験することの大切さを自分なりに分析していました。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦(発達障害ASD・ADHD有り)です。 公立中学から灘高校へ進学した息子の幼い頃〜現在、そして大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-学習
-, ,