高校受験

子供が高校受験の時期、我が家の様子はこんな感じでした

 

 

我が家の場合ですので、参考程度にご覧ください。

息子が小さい時は具体的な学校を目指すために勉強させていたわけではありませんでした。

親は受験する学校名はこだわらなかった

将来塾に行く事になるだろうから、塾の勉強についていけるだけの学力はつけさせてあげようと思って息子が小さい頃は教えていました。

私は息子が赤ちゃんの頃から常に大学に目を向けていたので、途中過ごすであろう学校は息子の基準に合えばどこでも良いと考えていました。

小学高学年になると息子は自分で勉強するようになり、私もその頃には勉強をみなくなりました。

何度か書いていますが灘高校を受験する事は息子が塾選びをする時に初めて知りました。

 

私達夫婦は少し変わっているのかもしれませんが息子が受験したいと言った時

巣ごもりパパ
そう〜受かったらいいね〜!

と軽い感じで答え、腫れ物に触るような扱いはしませんでした。

え?!大丈夫?無理なんじゃない?やめといたら?
巣ごもりママ

と息子の気持ちを考えずに言っていました。

夫も私も受験校に対して特に意識していませんでした。
数ある高校の一つとして捉えていました。
私は当時公立高校と塾中心の学校生活をと思っていましたし、乳がんという「生か死か」を常に考えさせる病気になった真っ最中だったので、自分が今後生きれるのかこれから死ぬのかと考えているものからすれば、学校なんてどこでもいいのになんで息子は名前や有名さにこだわるのだろう?ともっと大きな視野で見て欲しいと息子の気持ちを誤解し思っていました。

入試説明会で学校の魅力を知る

塾の先生のアドバイスや、夏〜秋の各学校の説明会に行くようになって、保護者の方々の様子を知る事で息子が受験する西大和学園高校、灘高校がとても魅力のある世間から「通いたい、通わせたい」と思われている学校なんだなというのが徐々にわかっていきました。

西大和学園高校は本当に沢山の受験する生徒さんや保護者の方が多く人気の高さをすごく感じました。

入試説明会では入試対策として実際に昨年度の入試問題をいただいたり、体験授業も先生から直接教わったりととても充実した入試説明会でした。

灘高校は長年最難関高校として日本で知られ続けた圧倒的な存在感があり伝統、歴史を感じました。

入塾テストを受けた塾で「灘高校は別格なんです!」と先生がおっしゃった事がわかった気がしました。

こられていた生徒さんや保護者の方々も真剣さがものすごく伝わり「皆から憧れられてきた学校というのは魅力もたくさんあるんだな。」と先生から学校生活や実際の生徒さんについての説明を聞いているうちに最初私には存在が凄すぎて遠すぎた灘校が親しみを持てる学校なんだなとわかっていきました。

神戸高校は息子は受験対象にしませんでしたが、私は個人的に公立高校で古くから進学校として伝統があり、共学で文武両道な面も持ち合わせ、幅広い視点から勉学できる環境も整っている魅力ある学校だなと感じました。

そのゆるい対応が良かったのか息子は塾の先生でやりとりが頻繁になり夜遅く帰ってくることもありましたが、息子が夢中になって夢に向かって頑張ってると思い静観していました。

塾での成績表も、実は当時私は全く見ていませんでした。

駿台模試の結果も息子が

巣ごもりSon
ねえお母さん 結果良かったよ〜

と言いにきて、チラッと駿台模試の表を見たのは覚えていますが、自分の病気の事を考える事で精一杯で息子の成績の事にまで気がまわりませんでした。

合格して入学後ブログを書くようになり、副作用がなくなって体の調子が良くなってきたので息子の部屋の段ボールに入っている過去の塾のプリントをあさり

塾のテストの成績良かったんだね〜
巣ごもりママ
と息子に言うと、

巣ごもりSon
今頃気づいたの・・・   

と言われました。

なぜ灘高校を選んだのか?

息子はきっと偏差値だけで学校選んでるんだろうなと思っていましたが、実際は違いました。

「自分はとにかく歴史を重んじる方だから著名な人が卒業していて、長年勉学に励んで先に進んで教えてくれる学校が良いと思っていた。教科書を作った先生もいると知って益々優れた先生に是非教わりたいと思ったし、理系クラブが豊富だったからどうしても灘高に行きたかった。あと建築物が好きだから歴史ある講堂に魅力があった。」とこの間話してくれました。

先生を尊敬、信頼する気持ち

息子が入学試験を受けている最中も

巣ごもりパパ
久しぶりに神戸港にきたけど風が気持ちいいなあ〜!次は南京町と三宮も行こう〜

と夫は神戸を観光していました。

私達が息子の受験にあまり関心がなかったから息子も塾に集中出来て、塾を信頼する事が出来のびのび勉強できたのかもしれません。

親が塾の先生方に対し完全に信頼していたので、子供にもその気持ちが伝わったのもよかったです

息子は塾の先生方をとても尊敬していました。

学校の先生も塾の先生(今は通っていませんが)も尊敬していますが、その感情が息子を安心した気持ちにさせてプラスに働いています。

現在は私も薬の副作用が減り周囲への興味も出てきたので息子の大学受験も色々知りたいと思うようになりました。

大学受験も同じ感じで対応します。

大学は浪人されると心配で困りますが、現役で出来たら国立大(東大にこだわっていません)に行って欲しいです。

精神論を語ってしまいましたが、

巣ごもり博士
先生を尊敬する→信頼感、安心感が生まれる→先生の教えていただく内容に注意が向くので集中力も増加→理解力も増加し成績が上がる→さらに先生を尊敬する

息子をみているとこの気持ちのループが一番影響を与えたんじゃないかなと今も思います。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦です。(ASD・ADHD有り) 公立中学から進学した息子の幼い頃〜高校生の現在と大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-高校受験
-, ,