灘高校

灘校生徒会誌

灘校生徒会誌という本が毎年発行されています。2019年で発行60年を迎えるそうです。

クラブ活動記や、個々の生徒さん方の趣味や小説、取材や想いなどが綴られています。2019年は去年よりもさらに分厚く、読み応えが増していました。

息子から「ほら。お母さん読む?」と言われて見せてもらった瞬間からじっくり読みふけてしまい、気がついたら1時間以上ずっと読んでいました。

門外不出の本だそうなので写真や内容は載せられません。

これだけの内容を書かれている生徒さんはとにかく趣味に対する深さが尋常でないところに驚き、また読んで「へ〜、こんなのもあるんだ。」と私が知らない分野を知るきっかけにもなっています。

息子よりも私が熱心に楽しく読んでいます。

「すごいなあ」と感嘆しながら読んでると、息子は感化されたのか「自分も、今度書いてみたい。」と言い出しました。

「何書くの?こんなに凄く緻密に書ける?」と私がいうと、「自分だって趣味の事は詳しいで、書けると思う。」と遠慮がちに言っていました。

「じゃあ、お母さん楽しみにしとくわ。」と息子の執筆に期待を膨らませながら本を閉じました。

 

そして高校3年に進級。

息子は載せる記事がなかったので執筆に参加はしませんでしたが、この灘校生徒会誌や趣味が多彩な友達のおかげで灘校に入学してから色々刺激を受けて、フランス語を学習したり、英文、漢文や古文の専門書を読んだり、ピアノを弾きたいと始めたり、絵を描きたいとイラストも描くようになりました。

興味の幅を広げてくれているような気がします。

灘校に入学させて本当によかったなと思う我が家の事例の一つです。

灘中学、灘高校にお子様が入学されたらぜひ、ご本人も保護者の方も灘校生徒会誌に一度目を通していただけたらと思います。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦です。(ASD・ADHD有り) 公立中学から進学した息子の幼い頃〜高校生の現在と大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-灘高校