記事一覧

新型コロナウイルス流行で2020年灘校は休校もあり、夫はリモートワーク開始

(※2020年の頃の話です。)

息子の学校からもお知らせがきました。

2020年2月29日(土)は全校登校日とし、3月2日(月)〜18日(水)まで臨時休校となりました。

春休み

3月20日からは春休みです。息子は19日午前中に学校に行き春休みの宿題等指示を聞いてすぐに帰ってきました。
春休みは家族全員大人しく自宅で過ごすことにしました。

行動範囲も買い物など必要な時以外外出しないようにすることに決めました。
姉のところには義母が新型肺炎が不安でしばらくの間居る事になり、姉も消毒など気遣いをしなくてはならないので大変なようです。

そして、施設に入っていた姉の義父が6月に亡くなりました。肺炎を患っていたそうでPCR検査も受けたのですが陰性でした。

5月に夫の父、そして6月に義兄(姉の夫)の父を肺炎で亡くしました。二人ともPCR検査は陰性でしたが続けて亡くなってしまったのでとても辛いです。

家族が毎日自宅で過ごす

気がつくと毎日家族全員家で過ごしている状況になりました。
家族で長時間共に過ごすことが最近なかったので、今の状況が普通ではないことに戸惑いを感じています。

以前は買い物も土日しか行けませんでしたが平日に買い物に行くようになりました。
ですが近くのお店で手短にすませてすぐ帰っています。

車で遠くに出かけたい気持ちもありますが、万が一の感染も考えて近場の移動にしています。

夫が「もしかしたらなんだけど会社が在宅でもやっていけてるから今後、在宅勤務を主体としてやっていこうかと言う話も出てるみたい。」と言っていました。
学校が休校+春休みの状況が続いています。息子は学校からの課題と自宅学習で家庭学習を続けています。

春休み後の休校

そして自宅学習は息子が自分で選んだ市販の問題集で勉強しています。

休校が4月7日〜5月末までになりました。まだしばらくの自宅学習となります。

息子は引き続き一日PCゲームを遊ぶ日々が続くようです。
しかし休校が続くとあり、「さすがにちゃんとするわ。」とゲームで遊ぶ時間よりは少ないですが勉強は大体2、3時間、多い時は1日4〜5時間ほどしているようです。

4月10日は登校日で休校期間の宿題を受け取りに登校しました。

宿題は英語、国語、数学、理科、社会の全教科です。

不定期ですが、先生が録画したものをオンラインで見たり、先生とスマホでオンライン交流やオンライン授業などしているようです。

通学開始に

2020年6月1日から通学になりました。

偶数日通学、奇数日通学とクラス内で分けられました。しばらく一日おきの通学です。

念願の入学できた学校に毎日通えないのは残念ですがこれも経験だと思って受け止めています。

 

6月15日から毎日登校になりました。しばらくは列車で通学する生徒の「3密」を避けるため時差通学をします。

今後は新型コロナウイルス流行の動向を把握しながら学校は対応していくそうです。

6月29日から通常通りの通学時間での登校になりました。

夫の勤め先もリモートワークに

新型コロナウイルスが流行した2020年は夫もリモートワークをしばらくしていました。

2021年は木、金曜日だけしていましたが緊急事態宣言が再度出されたので、会社の指示する期間中は完全在宅になりました。

2021年8月いっぱいまでリモートワークは継続されることになっています。

リモートワークをした結果

夫の自宅での仕事も本格的になりネットを通じてマイクやカメラの設定などオンライン会議をする準備をしていました。

生活音
最初の会議の様子を聞いていましたが、それぞれのお宅からお子さんの遊んでいる声や電話の音など生活音が聞こえてきて最初だから仕方ないかなと思いました。
夫はカーテンのかかった窓ぎわにカメラを向けて座っているので部屋はそれほど意識しなくてもよかったです。

ヘッドホンをつけることで大声に

BOSEのヘッドホンをつけてしている時、夫の声がとても大きくなります。どうやら自分の声が聞こえなくなるからのようです。

窓を開けて仕事をしているので、「会社の内部情報が・・・・」と思い、「もう少し声小さい方がいいよ。」とアドバイスして現在はマシになりました。

太る
皆さんリモートワークをすると太ってきたといっていました。

巣ごもりママ
私も太ってお腹周りがきつくなりました

見栄えの良い部屋着
ネット上で知りましたが、カメラに映るから部屋着も買わなくちゃと部屋着が売れているそうです。

最初は「カメラで必ず自分を映して。」と指示がありました。

身だしなみに気をつかう

女性の方はカメラがあると化粧やヘアスタイルのセットや服など気をつかうところが多いので、「カメラはいや!」となり現在はカメラは自由になりました。
夫は気にならないようです。
自宅でカメラとマイク付きで仕事をすると色々と環境を整えるのが最初は大変だなと感じました。

新型コロナウイルスの流行が早くおさまってくれたらと思います。

  • この記事を書いた人

巣ごもりママ

乳がんになりブログを始めた主婦です。(ASD・ADHD有り) 公立中学から進学した息子の幼い頃〜高校生の現在と大学受験の事が主な内容です。 遊んでいた知育玩具や問題集、夫の趣味(PC)などのせています。

-記事一覧
-, , ,